News Archives

Archive for the ‘about EHS and me’ Category

25000年前の “針” !!!!!!

火曜日, 7月 11th, 2017

 

SWITCHインタビュー達人たち 2015年8月15日
私のアイドルである関野吉晴氏が以前語っていた印象深い話。
“10万年前にアフリカで誕生した人類は、定住出来る場所を求めて大いなる旅に出た。
マイナス40度の北国にまで定住することが出来たのは、
「マッチ」「ナイフ」「釣道具」そして「針と糸」の発明だった。”って。

毎日使っているこの小さな小さな “針” が人間の進化に関わっていたなんて!と
なんとも言えない感動を覚えた2年前。

九州国立博物館で開催中の“ラスコー展”にその感動の “針” が来てたッ!!!
まったく思っていなかったこの出会い。“針”という道具のお陰で、遥か遥か昔を生きた先人達がぐーーーっと近くに来てくれて握手でもしたいような、25000年前の人達に親近感を覚えた。

2017 7/11 tue -9/3 sun    9:30-17:00 @九州国立博物館
ラスコー展 クロマニョン人が見た世界

“この夏のアクセサリーをみつけよう展vol.3”@Chaos Bohemia

火曜日, 7月 11th, 2017

2017 7/14 fri – 7/23 sun
“この夏のアクセサリーをみつけよう展 vol.3”
@ Chaos Bohemia 福岡市中央区大名1-1-20 nanpuビル2F

エナジー帽子店の帽子たちが
この夏、
いろんなアクセサリーたちに出会いました。
楽しい洋服にも出会いました。

新しい場所は、新しい自分を発見出来る近道なのかも。
新しいアイテムは、新しい自分を引き出してくれる魔法かも。

遊びにきてね♡

  

エナジー帽子店でも人気の帽子“ROSSA”と“Energy Maquillage”が
ReherssalLのトリミングで化粧した、この展示会オリジナルの商品も登場!
ワクワクするね^ ^

◎7/17はChaos Bohemiaの近くで
ワルツ通りのミュッゼット市場”@LIVLAVOにて開催です!
これは九州北部豪雨災害復興応援イベント。
出来ることをみんなで少しづつやりましょう☆

SUMMER MARKET @anko

火曜日, 7月 11th, 2017

2017 7/15 sat – 7/23 sun  13:00-19:00
@anko 福岡市中央区警固2-16-6 フィットけやき2F

紙の持つしなやかさ、革にある力強さ。
素材の機能美で生まれたリボンビンデンの数々の作品と
エナジー帽子店の帽子たち。

夏が来る前のご準備よろしく^^!!!

◎7/17はankoの近くで
ワルツ通りのミュッゼット市場”@LIVLAVOにて開催です!
これは九州北部豪雨災害復興応援イベント。
出来ることをみんなで少しづつやりましょう☆

お嬢様たちのヘッドドレス 2017

水曜日, 6月 21st, 2017

毎年6月にヘッドドレスの制作講習会をしている某女子高校へ今年も行って来た。

ヘッドドレスの超基本の作り方なのだけど4時間で伝えないといけないので時間が足りない。けれど昨年より、トリミング(飾り)はお花に加えてワイヤーを使って作るモチーフも取り入れることにしてみた。それがよかったのか生徒さん独自のアイデアを引き出すことが出来て来たように思う。なんだかそれがとても嬉しかった。

↑↑↑ この羽根!!!
パッと見たら本物の羽根に見えるけど、生地をカットして作っているのです!
「絵を描くのが好きでしょ??」って聞いたら「うんッ!」って^ ^

机の上は材料がめちゃくちゃに置いてあるんだけど、、、笑!
自分のアイデアを出しながらモチーフ作りに没頭中。

帽子を習いに通っている方からアートフラワー用の葉っぱモチーフを沢山もらっていて、使えるならばと高校に持っていった。差し色にグリーンが爽やか。数人の生徒さんが使ってくれてたのでこの葉っぱも喜んでるでしょ!

この生徒さんは講習会前から材料の準備万端!
こういう子がいると教えるのにテンションあがる〜!

初日にお花を作った時には中心がずれててきれいに花が咲かなかったんだよね。
でも、ちゃんと宿題にして花が咲いてたね。
この生徒さんは自分で作り直して、上手に出来たことを実感してるから二回目の今日の授業は何でもが巧く運んでた!

こちらの生徒さんもデザイン画まで描いて講習会に臨んでくれました!
ほぼほぼデザイン画通りに仕上がったんじゃないかな。

この高校では3年前から朝の5分間、ぐし縫いの運針練習を朝活でやっているそう。
ヘッドドレスの土台に布を包む時にぐし縫いをさせるのにいつもはじっくり20分はかかってたのが、今年は全員が10分以内で仕上げていた。これは日々の成果のあらわれ。小さい鍛錬の積み重ねの大切さを生徒さんが実感してこれから生活してくれるとよりよい社会になるよね、、、と想う。先生達も毎朝大変だろうけど何かが変わってきてる気がした。

落とし文

水曜日, 6月 21st, 2017

山の奥深くのお寺でお茶事があり、先週の土曜日は準備に行ってきた。
福岡市内が住所なのだけど山道が続く。
気温が街中とは明らかに違うのが肌に伝わって心地いい。
N先生が「今年も“落とし文”が落ちてたよ〜」と嬉しそうにやって来た。
掌にのってるくるりと巻いた葉っぱのことを“落とし文”というのだそう。
そしてこれは虫の仕業なんだって。自然界には逆らえない神業にため息。
でも、誰かが名付けたこの“落とし文”という名前も同じくらい美しい。

慈明院にて。