News


花火の日に生まれる

8月1日は大濠の花火大会。

昨年お誘い頂いたORAさん宅で今年も心地よいひと時を過ごしてきました。わいわいがやがやと花火を見て、BBQ食べて一頻りお喋りして、帰りの玄関先で・・・静かに生まれている命がありました。生まれる姿って何故に感動的なんだろう・・・。

 

帽子教室について

今、教室用の机を制作しております。どうも8月中旬からのスタートになる予定です。参加されたい方々にはお待たせして申し訳ありませんが、今暫くお待ちくださいませ。

3 Responses to “花火の日に生まれる”

  1. チカヒ Says:

    生まれるって神秘ですよね
    始まりであり、同時に終わりにむかっている
    相反するもの、でも隣あわせ

    花火大会よいな~日本の花火は情緒がありますけんね
    日本の夏!!蚊取り線香の夏!!

  2. ORA Says:

    先日は来てくれてありがとう♪
    せっかく来てくれても、ゆっくり話せんでゴメンね
    (いつものコトやけど…)

    私、羽化したての蝉の緑にぼやけた白、大好き
    この後コノ蝉は…
    続きはジブンノトコにUPしようっと!

  3. energy Says:

    チカヒちゃん
    そうなんだよね、その隣り合わせの境界線が切ないね・・・

    今年の福岡はまだ梅雨明けしてないんだよ。だからなのか、ニューカレドニア産の虫除け効果なのか、結構な山の中なのに一カ所もさされなかったんだ〜。
    蚊取り線香の香りは夏アロマだね!

    ORAさま
    合点承知の助ですよ!
    お豆腐のディップ、セロリと最高の組み合わせ。

    続きはorabcsでお願いすることにいたしましょう・・・ね。

Leave a Reply